目元まぶたがたるむ原因と対策方法

目元まぶたがたるむ原因と対策方法

顔の印象を大きく左右するのが目元ですが、目元まぶたがたるむ原因は大きく2つです。一つは筋力が低下していくこと、加えて皮膚のたるみも影響をしています。常にインターネットが身近な現代人の生活には、パソコンやスマートフォンの存在が欠かせません。液晶画面を見つめる時間は長く、いつの間にか無表情になっています。

習慣化してしまう無表情を継続させると、顔の筋肉が使われないため筋肉は衰えます。これが原因の一つとなる、目元の筋力低下の現象です。ずっと見続けることなく、時折目を休ませてあげること、緑の植物を見たり遠くの景色を見たり、目元のソフトなエクササイズをするなどできる対策はあります。

全身の中でも皮膚の薄さがトップクラスなのが目元であり、水分を保持するのも得意な部位ではありません。薄い皮膚は保水能力が高くなく、皮脂腺の数も少ないので乾燥をしやしやすいです。エアコン完備の室内環境は温度調整も完璧で快適ですが、空気の乾燥は激しくなります。オフィスのデスクワークなら、時々ミストを吹きかけるとか、デスクに置けるような加湿器を使うのも良い乾燥対策です。

特に女性は甘いものに目がありませんが、糖質の食べ過ぎは目元まぶたをたるませる引き金になります。菓子パンやチョコレートに様々なお菓子、白米やパスタなどは甘くて口あたりが良く美味しいので食べ過ぎてしまう対象です。炭水化物や甘い砂糖を過剰摂取すると、体内で糖化が起こるため、じわじわとコラーゲンや繊維芽細胞は壊されていきます。最初に新鮮な野菜を食べるとか、小腹がすいたらナッツや野菜スティックを口にするなど、糖質対策も心掛けることです。

生活習慣の乱れは意外にも、皮膚をたるませる原因になります。長い時間つけたままにするコンタクトレンズの使用や、寝不足が続くのもよくありません。急激に体重を落とすダイエットなども、皮膚をたるませてしまいます。成長ホルモン分泌のある深夜は、良い眠りをとるよう心掛けること、ダイエットは無理なくゆっくりすることです。

タイトルとURLをコピーしました