ほうれい線の原因と対策

年齢と共に鼻の横から目立ち始めるほうれい線は、加齢を連想させることから嫌われものです。
ほうれい線はシワではなく、頬に発生する境界線で、誰の顔にもある境界が色濃くなった結果です。
ほうれい線の原因は、真皮層のコラーゲン量の低下を始めとして、コラーゲンの質の劣化や表情筋の委縮が当てはまります。
真皮層にあるコラーゲンは、誰でも加齢によって減少が発生します。
ハリや弾力を司る成分ですが、減少だけでなく劣化の影響も受けて、ほうれい線が目立つことになるわけです。
表情筋の委縮も加齢現象の1つで、たるみが生じたりほうれい線の進行に繋がります。
脂肪細胞の構造変化も同様に、ほうれい線を目立たせる切っ掛けとなります。
正確には脂肪細胞を構成する構造の劣化で、特に肥満やダイエットを繰り返すと、シワやたるみが増えるとされます。
体重の変化がほうれい線の原因に直結しますから、なるべく変化を起こさないように、適正体重を保ちたいところです。
対策方法は、肌細胞の回復力が高い20代だと、保湿に取り組むだけでもほうれい線への効果に期待できます。
30代はコラーゲンの減少が始まるので、美容ケアアイテムを使ってコラーゲンを補ったり、マッサージで表情筋を委縮させないのがポイントです。
40代に入ると、20代や30代の症状に加えて皮膚のたるみも発生するので、エクササイズとマッサージを組み合わせた対策方法がおすすめです。
外から働きかけることによって、美容ケアアイテムのほうれい線への効果が高まり、結果として線が目立ちにくくなります。
ただ、肌が乾燥した状態で強く刺激を与えると傷つけたり、折り目をつけることになるので要注意です。
マッサージは保湿ケアの後に、あくまでも優しい力加減で行いましょう。
コラーゲンを増やすとされているレチノールや、抗酸化作用を発揮するビタミンC誘導体は、日頃のケアの心強い味方です。
美顔器のような器具も日頃のケアに役立ちますし、リンパマッサージや表情筋のストレッチも、ほうれい線への効果があります。

タイトルとURLをコピーしました