目の下のたるみの原因と対策方法

年齢と共に目立ちやすくなる目の下のたるみに悩んでいる女性は多く、普段のスキンケアで少しでも肌のたるみを改善するためにもエイジングケアが行えるスキンケア化粧品を利用するなど対策をしている方は多いです。そもそも目の下のたるみの原因とは、目の周りの筋力が老化により低下してしまうことや、肌の潤いが不足することにより皮膚の弾力の低下が原因で起こるといわれています。
加齢をはじめ、紫外線を長時間あびるなどダメージを受けた肌は、若い方でもたるみが起こる可能性が高く、不規則な生活習慣をおくっている方などもこの状態になりやすいのです。目の周りの皮膚を支えているのは、眼窩隔膜と眼輪筋のに種類であり眼窩隔膜が眼球を覆っているクッションの役割を持ち、眼輪筋はそのネットを固定している壁の役割となっているので、この2つの働きによって眼球がしっかり支えられて守られているのです。
特に眼輪筋は表情筋の一つで、顔の喜怒哀楽を表現するためにも非常に重要な存在となります。ただ年齢を重ねると筋力が段々と衰えてくるため、眼窩隔膜をしっかり支えることができなくなっていきます。特に目元の皮膚は他の部位と比較しても特に薄い特徴を持っているので、何度も目の開閉を繰り返したり目をこする癖を持っている方などは皮膚が伸びやすくなるのです。
そこで目元のたるみを改善するためには、普段から表情筋を始めとした眼輪筋を動かすトレーニングを行うことで、目の下のたるみへの効果をアップさせることが可能です。
他にも肌の老化が進むと、コラーゲンやエリスチン、ヒアルロン酸といった肌の弾力を保つために必要な成分が不足してしまうので、これも肌のたるみの原因の一つとなります。そのため目元に保湿効果を与えてくれるアイクリームをスキンケアに取り入れたり、外出をする際には紫外線ダメージを受けないためにも、サングラスや日焼け止めで目元を保護するなど、外部からの刺激から守ることが大切です。”

タイトルとURLをコピーしました